記事一覧

その後編1(合コン物語Part2)

合コンから家に帰り、メールを今日するべきか明日するべきかという、初心者にありがちな、正直どっちでもいい問題を悶々と考えてたらそのまま寝落ちしていました。。ということで必然的に次の日の夜、連絡先を交換した3人(永作博美、ギャル、ふつ女)にファーストメール発信です!

①『昨日は楽しかったです!よかったら今度飲みに行きましょう!』
②『昨日は楽しかったよ。また飲もーね!』
③『昨日は楽しかったよ。また会いたいな』

個人的にファーストメールでは疑問符は入れません。てか入れれない。“空いてる日ある?”とか言えない性分。相手が自分のこと好きじゃなかったらすごい面倒くさいメールになるなとか考えてしまう(笑)
まあなにはともあれ内容的に伝えたいのは“楽しかった”と“また会いたい”という二点です。
永作博美は「異性として好意で」また会いたいであり、ギャルは「飲み友達として」また会いたい、という違いはありますが。
そして“会いたい”と直接言うのと“飲み”というオブラートで包むのではかなり印象が違います。
敬語かタメ語かは相手のキャラによって変えたりする方がいいのでしょうが、たいした違いはないでしょう。

①が一番無難で、②は軽くポップで親しみがこもるので自分的には結構好きです。学生同士などでは特にピッタリ。③は素直ですごくいいんですが、チャラくみられる危険性をはらんでいます。なので相手を選びますね。。でもそう考えると“チャラい人”というのは“素直に自分の気持ちを伝えられる人”という、結構いい意味になりますね(笑) ただしここ日本では素直に伝えすぎるとなぜだか“ウソくさいな”となり“軽い男”となってしまいます。20前後の青い頃はとりあえずオブラートに包んだベタなきれいごとを言っておきましょう(笑)

ということでとりあえず②のメールをドキドキワクワクで3人に発信です!※
つづく

※結局相手が自分に少しでも興味あればファーストメールなんて内容はどうでもよく、それこそ『にゃー』とか『ワン』とかでもなんかしらの返事はくるものなんですけどね(笑) 興味なければ誠意たっぷり優しさたっぷり三日三晩考えたメールでもスルーされるか、必殺『ごめん今忙しくって~』でジ・エンドです。
“好きなのに好かれない”という現実は恋愛したての思春期にとって結構キツく辛いものです。世の中にはどーにもならないことってあるんだな・・というリアルの厳しさ。“好かれたい”“失敗したくない”“つらい思いをしたくなーい”がすごく強くなって、かといってどうしていいかわからないので、ありあまる体力に物を言わせて熟慮に熟慮を重ねあーだこーだメールとかも考えちゃうんですよね。でも前述のとおり結果は一緒だったりします。
『好きでない人を好きにさせる努力』より『自分を好きになってくれる人に出会う努力』の方に、そのありあまる若いエナジーを費やした方が利口ですよね。つらいでしょうけどそれをやる方が現実的で建設的で健康的です。もう歯を食いしばって前へ!です(笑)

恋愛ごとは【なるようにしかならない】であって、勉強や仕事のように【努力は報われる】ではありません。どんなに努力されても“嫌なもんは嫌”ですもんね。そんなちょっと考えればわかることなのに気づけない(もしくは目を背ける)という若く青い時代は今考えるとイタくて辛い時期で絶対戻りたくないです、が、“童貞に戻りたい”という永遠の願望はありまくりますね。。というか注意書きなのにダラダラと長くなってしまったのでここらでやめます(笑)ではまた 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZASSI CAFE OWNER

Author:ZASSI CAFE OWNER
脱サラして代官山にカフェ開業し、もっと気楽に自由に生きたいと高田馬場に移転。より刺激的で楽しめる次の一手を模索中
新宿区高田馬場1-20-17 1F
ZASSI CAFE

フリーエリア



フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック