記事一覧

“女がモテるには”

「女子がモテるにはどうしたらいいんですか?」
これはカフェのお客さんに非常によく聞かれる質問の一つで今日も聞かれました。
そういう場合には、その方それぞれの特徴を考えていろいろアドバイスしているのですが(全然カフェっぽくないですがw)、
どんな人にも共通して簡単にできる事としていつも言っているのは“露出を多くする”ことです。

昨日のブログでも触れた通り“僕らはただの動物(獣)である”という原点に立ち返って考えれば、モテるためにすべき行動は明白です。
“モテる人”というのは要は“相手を発情させている人”ということです。
なので率直に言うと“女性という特権”を持っているのですから、気に入った男がいたら次々押し倒して強引に発情させてしまえばいい!なのです、が、さすがにそこまでできる人は限られていると思うので(笑)それに近い言動をしていったらいいのではと、そしてその流れで一番簡単にできるのが“露出を多くする”ということなのではというアドバイスです。

世の中には少女マンガや恋愛ドラマなど恋愛の綺麗事がはびこっていて、本質を見失い恋愛について誤解(
やさしくすれば・相手に尽くせば愛してもらえる等)をしてしまっている人が若い人には特に多いと思いますが、要は『相手に“ヤリたい”と思わせるゲーム』が恋愛の本質であり、それは単なる“生理現象”という要素が大部分を占めているのだと考えると、シンプルにやるべき答えが見えてくるのだと思います。

露出を多くする、というのは要は視覚的に相手にセックスを意識させガルルルと発情させて迫って来させるという“エサ”の一つです。
同時にこの女子は“ヤレそう”と相手に思わせて男性の積極的態度を引き出すことができます。
何事も結局シンプルが一番で“肌をたくさん見せる”というのはわかりやすく本能に訴えかけてくるので非常に効くのです。
そして男性も大抵の人は基本的に臆病で傷つきたくないという心でいっぱいです。
なのでエサをたくさん蒔いておいて「大丈夫だよ~傷つけないよ~」と導いてあげれば次々フラフラとやってくるのです。
他のエサとしては香水をつけるとか、もっと積極的にいける人であればボディタッチをしたり、さらには会話でエロい話をしてみたりなどして男性の五感全体に訴えかけて発情させましょう。
それらが確実にモテにつながります。

「モテてもヤリ捨てされるだけだよ~」という人がいますが、それは結果として“そこの相性が悪かった”からいなくなったという場合が多いので相手のせいにばかりしててはいけません。
もっと言うなら女性のそこの技術が悪く、相手にメリット・付加価値を感じさせれなかったという自分の責任である場合も多々あると思います。
モテるにはどうしたらいいの?なので上記のようなアドバイスで終了!ですが、モテたあとも試練は続くので常に努力が必要なのです。
学校で教えてくれてた世界と違い実際の世の中は非常にシビアで厳しいのです。
モテたあとの試練に打ち勝つ方法はまた別の機会に話したいと思います。
「そんなことまでしたくない~」と言う人もいますが、それならばモテなど考えず、今のままの自分を受け入れてくれる人というのをひたすら待ちましょう。

夢もロマンもないかもしれませんがそれが本質で、それを汚いというのなら、この世界はすべて汚い動機のもとで成り立っているのです。嫌だー!辛いー!とか言わないで、“リアルを認め、それを受け入れ、そこで楽しんで生きる!”という謙虚な姿勢がこの世界に対する賢い接し方ではないでしょうか。
“いいこと”とか“悪いこと“”とか“綺麗なこと”とか“汚いこと”とかはすべて人間が勝手に決めたルールに基づいた勝手な価値判断であって、自然界(神)の法則(=本能)ではありません。その価値判断を適用したら野性動物はみんな犯罪者です。

ということで“エロは悪いこと”なんて頑なに思わずにそこも楽しんじゃって人生全体をもっともっと楽しくしていきましょう!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZASSI CAFE OWNER

Author:ZASSI CAFE OWNER
脱サラして代官山にカフェ開業し、もっと気楽に自由に生きたいと高田馬場に移転。より刺激的で楽しめる次の一手を模索中
新宿区高田馬場1-20-17 1F
ZASSI CAFE

フリーエリア



フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック