記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“人は何かに洗脳されている(前編)~女性はなぜ占いが好きか”

“人は皆何かに洗脳されている”
というような話をお客さんと語りました。

女子は全体的に男子よりまじめで繊細なので、占い好きなのを見ても分かる通り、誰かに支えてもらったり背中を押してもらったり導いてもらったりして欲しい生き物なので、親や先生という“一般的に信ずべきもの”に従いやすく、潜在意識まで“いいこと”“悪いこと”という道徳的観念に洗脳されてる人が多い。それゆえ産まれた時から自分を支え背中を押し導いてくれた母親を特別視して絶対神として崇めている人までもいる。
自分よりも周囲の意見に従いやすいのは、それのが楽だからという理論(“ロックスピリッツ”の真逆)である。
それゆえ恋愛や結婚などという生理現象も頭で考え打算的に動いてしまうが、結婚して両親から離れ、年を重ねるごとに本能が目覚めてきて洗脳がボロボロ剥がれ落ち、不倫や離婚に走ったりもする。つまりは周囲の影響を受けやすく洗脳にかかりやすいが、同時に本能もあるためにコロコロ気持ちが変わって非常に複雑なのである。

男子は女子より不真面目で適当で独立心旺盛で惑うことなく“本能に忠実”に従って動くので洗脳にはかかりずらいが、それでも大人になれば結婚して子供を作りしっかり会社員を勤め上げる人が多数なわけだからどこかで少なからず洗脳されている人のが多いのであろう。
でも全体として周囲の影響などあまり受けず、本能が強烈に強いので気持ちは一定で非常に単純である。

(この定義は全部自分の独断と偏見に満ちた単なる想像です)

では、“洗脳されてない状態”というのはいつなのか?と考えれば、
それは男女ともに幼少期に日が暮れるまで砂場で遊んでいた、楽しいことだけやっていたあの頃が一番洗脳されていない状態ということになるのだろう。
世の中のことをまだ全く知らない、夢見心地な、それはもう犬や猫に近い状態のあの頃である。
さすればすなわち幼少の頃の感覚で生き続けている人が一番洗脳を受けていない(少ない)人ということになる。
だがこの“幼き日の心(洗脳されてない状態)”で生きていく、つまり“ピュアな心で生きていく”というのは本当にいいことなのだろうか。。
つづく

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZASSI CAFE OWNER

Author:ZASSI CAFE OWNER
脱サラして代官山にカフェ開業し、もっと気楽に自由に生きたいと高田馬場に移転。より刺激的で楽しめる次の一手を模索中
新宿区高田馬場1-20-17 1F
ZASSI CAFE

フリーエリア



フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。