記事一覧

“退屈から逃げよ!深夜のゲリラ上映会『トレインスポッティング』”

昨日は深夜に若者たちが飲みに来たので、“トレインスポッティング”をゲリラ上映しました(深夜の男祭り)。

小僧ども、いいか、映画ってのはただストーリーを追って、「あぁ楽しいな~!」なんて鑑賞するパターンばっかじゃないんだぜ。
そんな説明たっぷりで子供でもすぐ理解できちゃう!なんてヤボな作品ばっか見てないで
そろそろ高所低所あらゆる角度から徹底的に考えるべき価値のあるハイセンスな作品を見ていくのだ。
花→綺麗、クソ→汚い、セックス→不潔、スポーツ→清潔、的な発想しかないのはヤバイぜ。
この言葉は・このシーンは何の比喩表現で、何を意味するのか。
まあ今は飲んでるし細かいことはどーでもいいんだが、とにかくこの最高にクールな映画“トレインスポッティング”をぜひ見てみてくれ。
“汚ーい、怖ーい、意味わかんなーい!” だと。
そーじゃねーんだよ。見たまんまの解釈じゃなくて、本質を理解しよう試みるんだ。
そう、映画でも現実でも、表ばっかみてないで裏を、上ばっかじゃなくて深部を、見ようと“試みるクセ”をつけるのさ。
まあまあこの映画の解釈は人それぞれだし、今は深い意味とか考えなくていいけど、
この“感覚”ってかこの“センス”がわからないのはそーとーヤバいぜ。
美術館でミルクティ飲みながらアートとは?なんて語ってる場合じゃねーぞ。
わかりやすい綺麗なものばっかじゃなくて、汚いものとかエグいものとか怖いものとか最低のものとか、
もっといろんな価値観に触れて感覚を研ぎ澄ませ!ってことさ。
それでこそ物事をいろんな角度から見れて、評価できて、もっともっと楽しめるようになるのさ。
とにもかくにも最低と最高をミックスさせて極上の映画を作っちまった才能、もうクッソドープ過ぎるぜ、ダニーボイル。

・・・ってな感じで北方謙三風に偉そうなことを言いたかったのですが、酔っぱらってたので全部省略して結局
「すごく面白いよ~」
としか言いませんでしたが、そこそこ楽しんでいただけたみたいです(笑)

※この映画のざっくりの筋としては(自己解釈)
ドラッグ、セックス、家族、大型テレビ、クイズ番組、仕事、健康、マイホーム、年金、、、すべて比喩。
全部退屈な人生の暇つぶし。
“退屈”な社会を嫌い、不真面目に自堕落に生きたけどそれでも結局人生は退屈なんだな~。
仲間を裏切って金もパクっちゃってもうさっさと逃走する。
そして一転ラストの独白、
『もう諦めて真面目に生きます。。』
なわけだが、ラストのユアン・マクレガーのワクワクしてる最高の笑顔を見れば、
ブラックユーモア溢れるダニーボイル作品なのを考慮して解釈すれば、
ズバリ真意は、
『ってそんなわけないじゃーん!退屈から逃げまくってやるぜ!!あ~またなんか楽しいこと探そー!!!』

traspo2.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZASSI CAFE OWNER

Author:ZASSI CAFE OWNER
脱サラして代官山にカフェ開業し、もっと気楽に自由に生きたいと高田馬場に移転。より刺激的で楽しめる次の一手を模索中
新宿区高田馬場1-20-17 1F
ZASSI CAFE

フリーエリア



フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック