記事一覧

芥川龍之介

最近、芥川龍之介を再読しています。
彼は「人生は地獄よりも地獄的である」として
死ぬことを常に意識しつづけ、自殺の最期を迎えます。
その背後には生きる意味・目的がわからないという
人生の末路への絶望感があり、
その目的なき生の苦しさに耐え切れなかった結果です。
この苦しさは夏目漱石や太宰治など多くの文豪も陥っている。
神の存在の問題を思考し続けたドフトエフスキーも
何のために生きるのかという確固たる意識がなければ
自殺の道を選ぶに違いないと「カラマーゾフの兄弟」に記しています。
生きる意味を突き詰めると人は・・・そこはあんまり考えないほうが良さそうです(笑)

でもこの辺の深い本を読むのはなんとも言えない脳内刺激があり好きです。
ちなみに芥川は「歯車」がオススメです。

Akutagawa.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZASSI CAFE OWNER

Author:ZASSI CAFE OWNER
脱サラして代官山にカフェ開業し、もっと気楽に自由に生きたいと高田馬場に移転。より刺激的で楽しめる次の一手を模索中
新宿区高田馬場1-20-17 1F
ZASSI CAFE

フリーエリア



フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック